1961年3月4日に周口店遺跡は全国重点文物保護単位に指定されて、1987年12月11日に世界文化遺産に登録されました。20世紀20年代以来、周口店遺跡で猿人洞と山頂洞及び新洞など27個所の学術の価値のある化石遺跡を発見と発掘しました。200点以上の人類の化石、たくさんの動物の化石、十万点ぐらいの石器など出土します。
ここは人類化石の宝庫であると同時に古人類学、考古学、古生物学、地層学、年代学など多学科の総合的な教育研究基地である。または会議、修学、休息、観光のすばらしい所でもあります。


周口店遺跡博物館